2012.09.20

球美(くみ)の島、久米島のオススメ絶景スポット

久米島は球美(くみ)の島とも呼ばれ、風光明媚なビューポイントと絶景ポイントが点在しています。また、起伏に富み様々な表情をみせる地形も魅力。青い空と白い雲、夏の余韻を残すビーチが訪れる旅人たちをあたたかく迎えてくれ、ゆったりと流れる島時間に身を委ねれば、心の底からリラックスできるはずです。さらに島には元気がでるスポット「タチジャミ」「鳥に口」「畳石」など、たくさんのスポットも。中でも「鳥の口」は、飛び立とうとしている鳥の姿や、鳥のヒナが親鳥に餌をねだる姿に見える不思議なかたちの岩です。見方を変えればカメの頭にも見えるので、岩をバックに想像力を膨らませトリックアート写真の撮影にチャレンジしてみるのも楽しいでしょう。カメの甲羅状になった不思議な岩や、高さ40mmという大迫力の屏風状の岩、枝ぶりの見事なの松の木などもあり見どころには事欠きません。島でののんびりとした時間を過ごしていると、刻々と変わってゆく「風の音」「光の反射」「島の香り」の七変化を体験することもできます。沖縄本来の美しい姿が今も残る、色彩あふれる恵の島「球美(くみ)の島」でバカンスを満喫してください。

鳥の口

鳥の口

島の東側を海岸線に添って進んだ先にある、鳥のヒナが口をあけているような形に見える奇岩です。トムジム自然公園からの眺望は抜群! 見方を変えればカメの頭にも見えますよ。

鳥の口(久米島)
所在地 :沖縄県久米島町久米島町島尻

 

奥武島の畳石

奥武島の畳石

溶岩が冷え固まったときに出来る現象で、亀の甲羅状の形をした不思議な岩。大きいものはなんと直径2m!島の観光名所にもなっており、たくさんの人が訪れます。干潮時に行くのがオススメ。「久米島町奥武島の畳石」として、沖縄県の天然記念物に指定され、2007年には日本の地質百選に選定されました。

奥武島の畳石(久米島)
所在地 :沖縄県沖縄県島尻郡久米島町字奥武170-1

 

タチジャミ

タチジャミ

高さ40mにも及ぶ屏風のような岩。250段の階段を下っていくので、大迫力の絶景も楽しめるロケーションスポットです。スニーカーなど歩きやすい履物で行ってくださいね!

タチジャミ(久米島)
所在地 :沖縄県久米島町宇江城

 

五枝の松

五枝の松

18世紀初頭にこの地に植えられた松で、現在は高さ6m、幹の周りが4.3m。その枝ぶりの造形美は素晴らしく、国指定天然記念物に指定されています。

五枝の松(久米島)
所在地 :沖縄県久米島町字上江洲

Related article 周辺離島の関連記事

Event 関連イベント