久米島、自然豊かな森の中でパン作り体験

久米島は、とてもきれいな海に囲まれていて、いくつも山があって、緑も気持ちのいいのどかな島。山道をのぼっていった森の中に、麦心(むぎごころ)というパン工房があります。

森の中にあるパン工房「麦心」

久米島にある森のパン工房麦心

小さくてかわいらしいログハウス風の建物から、優しい笑顔で出迎えてくれたのは井上由紀子さん。3年ほど前からここでパンを作っています。

麦心のパンは、素材にこだわった天然酵母のパン。サワー種の酵母を育て、ハード系といわれるパンを焼いています。使用する素材はすべてオーガニックのもので、乳製品や卵、白砂糖、食品添加物、動物性の食材は使用していません。

パン屋さんとしてオープンしているのは週に2日だけ。それ以外の日は、『パン作り体験リトリート』を受け付けています。リトリートには、心身をゆったりと休める、自分自身を取り戻す時間と空間、という意味をこめたそうです。

ヤギのルンちゃんが出迎えてくれる

飼っているヤギのルンちゃん。後ろに見える山は、島の南側に位置するアーラ岳です。

パン作り体験を通じて、島の恵みを感じてほしい

元薬剤師であり、そのあとはインドでマッサージやアーユルベーダなどを学んだセラピストである由紀子さん。埼玉県育ちの由紀子さんが久米島へきたきっかけは、東京で薬剤師として働いていたとき、久米島で薬剤師さんを探していると声をかけられたこと。

海が大好きだった由紀子さんは島で働きながら3年ほど暮らし、そのあと外国にも行ってみたいと、数カ国に滞在しました。インドで勉強したあとに、久米島に戻りセラピストをしていました。島に帰ってきたのは、なにか呼ばれるような感覚があったと話します。

その当時、この場所は別の人が営むパン屋さんでした。ひょんなことから、その方よりここを譲り受けることになりました。ここのパンが好きでいつも通っていたし、この場所も大好きだったので、そのまま自分でパン屋さんを続けようと決めたのだそう。店名もそのままにして、パン作りをイチから学びました。

一人でやっているので、そんなに量も作れないし、ただパンを買いに来てもらうだけでなく、もっと島の自然を感じて、この場所で癒しの時間を過ごしてもらいたいと考えた由紀子さん。パン作り体験をメインにやっていくことにしました。

体験では、周辺に生えているハーブや野菜を自ら採って使うことで島の恵みをいただくことや、鳥のさえずりや風の音だけを聞いて過ごす時間なども。

庭先にあるハーブを摘みます

ハーブティーも作るため、庭と畑からレモングラスやローズマリー、琉球ヨモギなどを摘みました。今日、パン作りを体験する二人も「こんなこと初めて!」ととても楽しそう。ヨモギは島のあちこちに自生しているものです。

パン作りに挑戦

パンの生地をこねていきます

左が由紀子さん。今日は3種類のパンを作ります。教わりながら、生地をこねて、きちんと分量を計りながら成型していきます。使うお塩は、パワーのある満月と新月の時にくみ上げられた、久米島の海洋深層水から作られる『くめじまマース』です。

おとぎ話に出てきそうな山小屋の中でパン作り

小屋の中も、まるでおとぎ話に出てきそうなかわいさ。「ここにいたいから」とパン作りを始めた、由紀子さんの想いに納得です。

発酵が終わったらオーブンへ

少し時間をおいて発酵させたパンに、トッピングをしたらオーブンへ。

焼きあがるまで少しの間休憩です

焼きあがるまでは自由時間。ハンモックに揺られたり、ルンちゃんと遊んだり、近くのやちむんの里でシーサー作り体験をする時間だってあります。

おいしいパンが焼き上がりました

30分ほどで、いい香りとともに焼き上がりました。左はヨモギあんパン、真ん中はオリーブとローズマリーのパン、右はカンパーニュです。ヨモギあんパンは、小豆のあんこではなく、ナツメヤシをペーストにしたものを使っています。

手作りしたパンは格別おいしい

出来たてのパンをみんなでいただきます♪ まだ温かい、みんなの愛情たっぷりのパンはおいしい!ナツメヤシのあんも優しい甘さで、ヨモギとのハーモニーがとても絶妙です。さっきまでお庭に生えていた素材も使って、しかも自分たちで手作りしたものは格別ですよね。

週2日限定のパンは、島人にも人気

週2回のパン販売日

パン販売を行っている日は、水曜と土曜の週に2日。毎回7、8種類ほど丁寧に作られたパンが並びます。今後できるだけ、ここの畑で育てたものを使っていきたいと由紀子さんは話します。

お店に訪れる島の人たちとお話しすると、「ここに来るだけで癒される」、「島でこんなおいしいパンが食べられるなんて」、「由紀ちゃんの存在が癒し」、「パワーがある場所」と、島のなかでもここは特別な様子。

久米島に行ったら、ぜひ麦心で癒しの体験をしてみてください。大自然のなかのかわいらしい空間での出来事が、きっとすてきな思い出になるはず。

【おすすめ記事】
豊かな自然が育んだ秋の旬を美味しくいただこう!
久米島の旬を嗜む
久米島のまろやかな水が生んだ絶品グルメ!シャキシャキ瑞々しい「惣慶もやし」、ジューシーすぎる「久米島赤鶏」とは!?

森のパン工房 麦心

住所 沖縄県島尻郡久米島町山城710-1
TEL
備考 パン屋営業は、毎週水曜日と土曜日の13:30~16:30頃
URL http://iyashilochi.ti-da.net/

関連記事

TOP