2泊3日で巡る久米島のおしゃれカフェ5選

忙しさを忘れてのんびりと過ごしたい! 日頃溜まったストレスをリフレッシュしたい! という方に訪れてほしい場所があります。それは那覇空港から飛行機に乗ってわずか30分で行くことのできる離島 久米島(くめじま)。 美しい自然と素朴な風景が残る久米島は、そこにいるだけで安らぎを与えてくれるようです。

kumejima 1-1-min

日帰りも可能ですが、せっかくなのでのんびり過ごしましょう。実は最近、久米島には女子旅におすすめの新しいカフェが増えているんですよ。今回はそんな久米島のカフェを巡る2泊3日の旅をご提案します!

kumejima 2-1-min

久米島空港に到着したら、まずは腹ごしらえ♪

kumejima 3-1-min

1店目に紹介するのは、2016年4月にオープンした「SMÅKAKA(スモーカーカ)」。スウェーデンから移住をしたAnna Edberg(アンナ エドベリ)さんが営むカフェです。

kumejima 4-1-min

メニューは日替わりになっており、サーモンのオーブン焼きや黒ビールで煮た牛肉のステーキ、スウェーデンミートボールなど、Annaさんが心を込めて作った北欧の家庭料理が味わえます。この日のメニューは肉厚でジューシーなローストビーフ。ブランデーと赤ワイン、クリーム、バルサミコ、グレービーソースを煮詰めたソースを絡めながらいただくと、リッチな気分に。地元の人たちからも大変注目されているお店です。

kumejima 5-1-min

午後はコーヒーブレイク。イーフビーチホテル近くの「SPIRAL MARKET(スパイラルマーケット)」がおすすめです。ジャマイカ料理や南国カクテルが人気のレゲエバーですが、オーガニックの生豆を島内で焙煎した久米島珈琲もいただけるんです。

kumejima 6-1-min

阿嘉(あか)集落から湧き出る名水を使って丁寧に淹れられたコーヒーはとてもまろやかな味。普段ミルクやお砂糖を入れて飲む人も、ここではまず何も加えず、ブラックで久米島珈琲本来の味を楽しんでみてくださいね。きっとその豊かな味わいに驚くと思います。

kumejima 7-1-min

カフェは24時まで(バータイムは翌3:00まで)営業しているので、夜にコーヒーが飲みたくなった時はぜひ。店内で販売されている久米島珈琲の豆は、お土産としてもおすすめです。

kumejima 8-1-min

ところで、久米島は“車エビの生産量が日本一”ということをご存知でしょうか? 車エビは高級食材としてお中元やお歳暮などの贈り物で人気です。というわけで、特別な日などを除けば、自分が味わう為だけに購入することはあまりなかったのではないでしょうか? そんな車エビをリーズナブルにいただけるのが、「YUNAMI FACTORY(ユナミファクトリー)」。

kumejima 9-1-min

車エビのフライを3尾と、玉子を使わない自家製タルタルソースを挟んだ「車エビフライバーガー」はなんとワンコイン(500円)。イートインも可能ですが、テイクアウトしてイーフビーチやシンリ浜で頬張れば一気にリゾート気分に。海風や波の音を感じながら、贅沢でありながらリーズナブルな車エビフライバーガーを堪能しましょう。2日目のランチはここで決まりですね。

kumejima 10-1-min

「甘いものは別腹よ♪」という女子におすすめしたいのは、海洋深層水を使用した温浴施設「バーデハウス久米島」内でいただけるジェラートです。マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツ系や塩ミルク、紅芋などのジェラートが12種類常備されており(季節によって内容は変わります)、その中から1種類(シングル)もしくは2を選ぶことができます。

kumejima 11-1-min

こちらは人気トップ3のマンゴーと塩ミルク(左)、そして紅芋(右)です。素材の旨みが活きていて甘過ぎないジェラートは、さっぱり感があって美味。テイクアウトも可能です。

kumejima 12-1-min

バーデハウスの目の前は観光スポットの畳石(たたみいし)。絶景を望みながら味わうジェラートは、美味しさひとしおです。

kumejima 13-1-min

さぁ、いよいよ最終日。時間に余裕を持って空港へ向かいましょう。手荷物を預け、向かうのは空港2階にある「風人(かぜびと)」。デザインや設計を手がける「久米クリエーション」が2016年4月末にオープンした風人は、カフェでありながら、電源・Wi-Fi、コピー機などが使える利便性の良さもあって、コワーキングスペースや会議・セミナーなどで利用されることも多いそう。また、雑誌も多数取り揃えているので、地元の方がのんびりと過ごしに来ることも多いようです。

kumejima 14-1-min

このお店のイチオシはスムージー(内容は季節によって変わります)。ゴーヤー・パイナップル・バナナ・もろみ酢・豆乳・ヨーグルトの入った1杯は、それだけで様々な栄養が摂取でき、しかも腹持ちも良いのでダイエット中の女子にもぴったり。

kumejima 15-1-min

島で焙煎された深みと苦みがしっかりと味わえるマキノコーヒーもおすすめです。居心地の良さに、飛行機に乗り遅れないよう気を付けて下さいね。

都会と久米島では時間のスピードが違って感じる人も多いようで、 訪れた人の多くが「いつもより心に余裕を持って過ごせる」と感じるようです。そんな久米島で過ごす2泊3日の旅は、疲れた体と心を癒してくれることでしょう。自然もグルメも観光も満喫したあなたは、明日からまた頑張れるはず。次のお休みは、ぜひ久米島旅行を計画してみませんか?

Information 基本情報

SMÅKAKA(スモーカーカ)

住所 沖縄県久米島町字嘉手苅43-1
TEL 080-6487-0940
備考 営業時間/月~水曜10:30~16:00、木曜 18:00~21:00、毎月最終日曜10:30~15:00、定休日/金曜・土曜
URL https://www.facebook.com/smakakarestaurant/

SPIRAL MARKET(スパイラルマーケット)

住所 沖縄県久米島町字比嘉160-45
TEL 098-985-7548
備考 営業時間/カフェ15:00~翌24:00、バー 20:00~翌3:00、定休日/月曜
URL https://www.facebook.com/kumejimacoffee/

YUNAMI FACTORY(ユナミファクトリー)

住所 沖縄県島尻郡久米島町字兼城1146-1
TEL 098-996-5087
備考 営業時間/11:00~17:00、定休日/水曜
URL https://www.facebook.com/YUNAMI-FACTORY-104883273198355/

バーデハウス久米島

住所 沖縄県久米島町字奥武170-1
TEL 098-985-8600
備考 営業時間/10:00~21:00
URL http://bade-kumejima.co.jp/

風人(かぜびと)

住所 沖縄県久米島町字北原566-2
TEL 098-996-1139
備考 営業時間/7:45~18:30(L.O.18:00)、定休日/無休、久米島空港旅客ターミナルビル内2F
URL https://www.facebook.com/kazebitoinfo/

Related article 周辺離島の関連記事

Event 関連イベント