天国のような海と
人のあたたかさに癒される久米島

天国のような海と人のあたたかさに癒される久米島

沖縄離島の中で一番、久米島(くめじま)が好きな理由はいくつもある。真っ白な砂浜が美しいハテの浜や、島の頂上から見る絶景。高低差もあって面積も広い久米島の魅力は本当に多彩。そして何よりも、行く先々で話しかけてくる島の人々の温かさに癒されに私は何度もこの島へ足を運ぶのだ。 

雄大な自然がつくり出すパワースポット

01_01

久米島の雄大な自然は、美しいビーチだけじゃない。島全体を一周すると、この島の持つ懐の広さを感じることができる。子宝に恵まれると言われ、 巨大な岩の裂け目から海が見える「ミーフガー(女岩)」というパワースポットの存在感は、何度訪れても圧倒されるばかりだ。スピリチュアルなものにあまり縁がない私でさえ、神様の存在を信じずにはいられない。コバルトブルーの海に広がる亀の甲羅にそっくりな畳石は、安山岩質の溶岩がゆっくり冷えて岩石になる時に割れ目ができたもの。 そして樹齢250年余の琉球松である、五枝の松。真っ青な空に堂々と手を伸ばし、この島の様々な歴史を見てきたであろう長老松は、今日もどっしりとこの島の人々の暮らしを見守っている。そう、久米島は壮大な時の流れと地球の生命力を感じさせる、パワフルな自然で溢れている。

  • 01_02
  • 01_03

天国のような砂浜と海の青さに癒される

02_01

久米島から渡船で20分ほど、船上でもあまりの海の美しさに心を完全に奪われていたら、この世のものとは思えないほど美しい、真っ白な砂浜でできた島が見えてきた。初めて「ハテの浜」に降り立った時は、 あまりの景色に天国に来てしまったんじゃないかと思ったほど。360度エメラルドグリーンの海に囲まれた楽園のようなこの島は、オンシーズンの時は様々なマリンアクティビティが楽しめるけれど、オフシーズンは人も少なく、真っ白な砂浜でゆっくりと自分の時間を過ごすことができる。ふと足元を見ると、透明な海の中でたくさんの魚が戯れに来てくれている。街の喧騒、色々なしがらみ、自分の日々を取り巻くわずらわしいものを完全に遮断し、ただ目の前に広がるブルーとホワイトの景色を眺めていたら、全てが海に洗い流されていくような感覚を覚えるのだ。

  • 02_02
  • 02_03

バラエティ豊富な島グルメ

03_01

久米島は野菜もお肉もお魚も、地産のものがたくさん溢れている島だ。多くの飲食店が島のフレッシュな食材をふんだんに使用しているので、美味しくないわけがない。赤瓦古民家の「やん小~(やんぐゎ~)」の沖縄そばは久米島地鶏と豚骨、カツオや昆布をベースとした濃厚なスープ。一番人気の味噌もやしそばは久米島産のお味噌の豊かな風味が素晴らしく、現地の湧き水で育てられたシャキシャキの惣慶もやしが美味しい。お庭に面した開放感のあるお座敷で、色とりどりの南国の花を眺めながらお店の人との会話を楽しんでいると、自分の中にもゆっくりと「島時間」が流れ込んでいくようだ。少しお散歩して小腹が空いてきたら「かまぼこの店 助ろく」へ。地元の人も海産物を買いに訪れる人気の店内は、島で捕れた新鮮なお魚やてんぷらが盛りだくさん! どこのお店に入ってもハズレがなく美味しいので、ついつい食べ過ぎちゃうことだけがいつも心配なのだけれど。

  • 03_03
  • 03_04

家族のような気分にさせてくれる島んちゅたち

04_01

この島は一人で旅していても、いろいろな人が話しかけてくるから、そんな交流もまた楽しい。宿のおばぁが「これお腹空いた時のために持って行きなさい~。」なんておにぎりを握ってくれたり、船に乗ったら船乗りのおじさんが島の歴史を細かく教えてくれたり、バスのおじさんは「この島は狭いから、夫婦喧嘩でもしたら3日で島中の人が知っているよ!」なんで面白い島エピソードを話してくれたりもした。 島の人にとっても旅行者は、また違う世界の刺激的な存在なのだろう。向こうも色々と私の話を興味深く聞いてくれる。この島の雄大な自然が育むゆったりした時間が、心を開いて話してくれる気持ちのゆとりを生んでいるのかもしれない。そしてそんな「いちゃりばちょーでー(一度会ったらみな兄弟)」な彼らの人懐っこさに癒されに、ついついこの島に帰りたくなってしまうのだ。

  • 04_02
  • 04_03

日々の疲れを癒しながら女子力アップ

05_01

旅の締めくくりは、久米島の深海から汲み上げられた海洋深層水を100%使用した温水プールにスパが併設されている「バーデハウス久米島」へ。 日差しで疲れたお肌も、歩き疲れでむくんでしまった足も、最後はたっぷり甘やかしてあげないと。温水プールは体の各部位をピンポイントで当てるジャグジー付きで、全身が気持ち良くほぐされていく。温まった身体のままスパに移動して個室でゆったりと全身エステを受けていると、エステティシャンの絶妙な強弱の指圧とアロマオイルの香りで眠りに落ちそうになる。フェイシャルで使った化粧品「Ryuspa(リュースパ)」も久米島海洋深層水と沖縄天然素材を使用したものだ。身も心もしっかりリフレッシュされ、明日からのエネルギーチャージはばっちり。好奇心も癒しも、いろんな角度から満たしてくれるこの島が大好きだ。

  • 05_02
  • 05_03

Related articles 関連記事

Story その他の特集記事