西表島の固有種に出会う。ジャングルトレッキング。

yaeyama_summer_03_01

西表島には深い森と川や滝が沢山あり、様々なトレッキングルートもあります。本土では観ることのできない西表固有種の様々な生物や木々に出会うことができます。森を熟知したツアーガイドさんに引率してもらい、今回は島の東部、古見岳のふもとにあるマヤロックの滝を目指していざ出発です。

トレッキングでは川沿いを歩くこともあるので、島ぞうりはオススメできません。マリンシューズがオススメです。

トレッキングルート入り口からほど近いところにちょうど車道の下をくぐるトンネルがありました。これは何だと思いますか?

yaeyama_summer_03_02

実はこれ、国指定天然記念物のイリオモテヤマネコの為のトンネルなのです。

車での事故を防ぐために、道の下に「アンダーパス」と呼ばれるトンネルを用意しています。

その他にも西表島ではイリオモテヤマネコの交通事故防止の為にゼブラゾーンと呼ばれる道路に凹凸を付けて、イリオモテヤマネコを払う工夫など様々な対策がなされています。

yaeyama_summer_03_03

入り口から約3分で早速こんなモノを見つけました。

さて、これは何でしょうか?

yaeyama_summer_03_04

答えはタカサゴシロアリの巣です。嫌がる方も多いシロアリですが、自然界ではシロアリは枯れ木や弱った樹木を分解し土に返す役割として島の生態系に深く関わっています。

写真ではわかりづらいのですが、高さが1m、幅が50cmはあるとても大きな巣です。

yaeyama_summer_03_05

こちらもシロアリの巣です。

真ん中に穴が開いていますが、どうやらアカショウビンが営巣している様です。

yaeyama_summer_03_06

アカショウビン

yaeyama_summer_03_07

どんどん、先に進みましょう。

先に進む毎に道が狭くなっていきます。

場合によっては周りの木を掴んでバランスを取りながら進みますが、毒を持った毛虫などがいる場合があるので手をつく前によく確認しましょう。

yaeyama_summer_03_08

約1時間ほど歩いていると沢の音が聞こえてきました。

もうそろそろゴールです。

yaeyama_summer_03_09
yaeyama_summer_03_10

森林のマイナスイオンや川のせせらぎで癒されます。

yaeyama_summer_03_11

ついにゴールのマヤロックの滝にたどり着きました!

到着後は滝のほとりで休憩したり、水に濡れても良い格好ならば滝壺で泳いで体をクールダウンできます。

今回のトレッキングでは、イシガキトカゲ、クロイワカワトンボ、サキシマカナヘビ等を観ることができました。

yaeyama_summer_03_12

イシガキトカゲ

yaeyama_summer_03_13

クロイワカワトンボ

yaeyama_summer_03_14

サキシマカナヘビ

ツアーガイドの方も「毎日歩いていますが、毎日発見がありますよ」との事でした。

皆さんはいくつの新しい発見ができるでしょうか。

お問い合せ先 パイヌマヤアドベンチャーパーク
所在地 沖縄県八重山郡竹富町字高那243
TEL 0980-85-5700
10:00~19:00

お問い合せ先 株式会社東部交通 仲間川マングローブクルーズ
所在地 八重山郡竹富町南風見201
TEL 0980-85-5304

おおよその所要時間:半日

Related article 周辺離島の関連記事

Related Traveling Plan 関連商品

Event 関連イベント