2016.11.15

  • 宮古諸島
  • 多良間島

“日本で最も美しい村”、多良間島で黒糖づくり体験!

miyako-winter1

宮古島から39人乗りの小さなプロペラ機に乗って約25分。エメラルドグリーンからコバルトブルーへと息を飲むグラデーションを織りなす美しい海に囲まれた多良間島(たらまじま)に到着です。

miyako-winter2

多良間島と水納島の2島から成る多良間村は、生活の営みによって作られた美しい景観や、昔ながらの郷土文化等が評価基準の“日本で最も美しい村”に沖縄県で唯一認定されています。国指定重要無形民俗文化財に指定されている島の豊年祭「八月踊り」をはじめ、地域の伝統行事が世代から世代に受け継がれており、沖縄の中でも自然と文化と人の暮らしが調和した島なのです。

miyako-winter3

この島の特産品のひとつに、さとうきびから作られる黒糖があります。沖縄には黒糖の産地が数多くあり、産地それぞれのおいしさを楽しめるのですが、多良間の黒糖は複雑で奥行きのある味わいが評価され、とても人気があります。全国の製糖工場や、お菓子工房でも最高品質の黒糖として使用されているなど、高い評価を得ています。

miyako-winter4

それでは早速、黒糖づくりを大自然の中で体験してみましょう。黒糖づくりの体験ができるのは、多良間空港から車で2分ほどの場所にある『多良間島黒糖舎(たらまじましーとーやー)』です。到着すると、小高く積まれたさとうきびが、ほのかな甘い香りを漂わせていました。さとうきびが前日に収穫されたばかりで新鮮だからでしょう。

miyako-winter5

刈取り後、まず最初にやるのは圧搾です。扱いやすい長さにあらかじめ切り揃えられたさとうきびを数本、両手に持って、圧搾していきます。機械はゆっくりのんびり動きますので、人間のほうも慌てずに無理に力まずリラックス。それでいてテキパキと作業をしなくてはいけないそうです。

miyako-winter6

さとうきびの絞り汁がある程度の量集まったら、次は鍋に移して加熱します。石灰を加え、水素イオン指数(pH/ペーハー)を7.2辺りに調整して、煮詰めることで濃縮していきます。ここで注意しなくてはいけないのは焦がさないこと。

miyako-winter7

大きな鍋での作業なので、鍋底をやさしく撫でるようにかき混ぜなくてはなりません。また、表面には灰汁(あく)が浮いてきますので、その都度取り除くことも忘れずに。この灰汁はエグみの素なので丁寧に取り除く必要がありますが、取りすぎると水っぽくなったり、あっさりしすぎる黒糖になってしまうそうです。

目を離さずに注意深く煮詰めていくと、さとうきびの汁が茶褐色に変化してきてきます。匂いも、青葉のような香りから、甘くて芳ばしい香りへ。黒糖になる途中の姿に胸が高まります。

miyako-winter8

ここまできたら別の鍋に移して濃縮の工程に移ります。焦げないようにかき混ぜながら水分を飛ばしていくのです。光のあたり具合で黄金色に輝いて見える泡の色。芳ばしい香りが満ちるなか、現れては消えていく泡を眺めていると思わず舐めてみたくなる衝動にかられます。

miyako-winter9

「はい、もう少し我慢してくださいね」と濃縮された煮汁を更に別の鍋に移していよいよ仕上げ。かくはん棒の先に煮汁を絡めて、粘り気をチェック。適度な粘り気が出てきたら、指先につけて、歯先で「その瞬間」を見極めます。冷えて固まる濃縮液が歯先に当たる「ひっかかり感」で判断するそうですが、熟練の職人技、私たち体験生には判断がつきません。

miyako-winter10

「よし、今だ!」という掛け声が合図です。十分に濃縮された煮汁を冷却させて黒糖が完成。かくはん棒で根気強くかき混ぜていると、みるみる粘り気が強くなってくるのがわかります。あっという間に黒糖ができあがり。

miyako-winter11

口に入れると、熱を帯びた黒糖から発散される、濃厚で、深みのあるアロマが鼻腔をくすぐります。舌先はなんともいえない奥行きのある甘みでとろけそう。袋詰めされて店先に並んでいる黒糖とはやっぱり違う、格別の味。これを味わうだけでも体験の価値あり。

miyako-winter12

代表者の豊見山正(とみやま・ただし)さんにおいしさの秘密を聞いてみました。「おいしい黒糖を作る上で大切なのは、火加減とタイミングの見極めでしょうね。条件は日々変わりますので、マニュアル化はできません。それから原料の鮮度と、原料そのものの美味しさも大きな鍵ですね。多良間島は土壌がさとうきびにあっている上に、ミネラル豊富な海風が年中、島を吹き渡っていますから、奥行きのある黒糖に仕上がるのでしょうね。」 いつもは真剣な表情を浮かべていることが多い豊見山さんが見せたほのかな笑顔には多良間島への愛情がはち切れんばかりに溢れていました。

多良間島に来たら、お土産に純黒糖を。旅が終わっても島の魅力をずっとずっと感じられるはずですよ。

※多良間の純黒糖づくり体験の所要時間は3〜4時間。2016年の11〜12月の間、特別に開催されます。

Information 基本情報

合同会社ツーリズムたらま

住所 沖縄県宮古郡多良間村仲筋2506-1
TEL 0980-79-2966、090-1941-6222
備考 体験受付/土曜・日曜(※事前予約が必要)、料金/2,000円(お土産付き)
URL

Related article 周辺離島の関連記事

Event 関連イベント